第二新卒

第二新卒の職務経歴書の書き方

あなたは、半年以内で仕事を辞めてはいませんか?

だとしたら、転職活動は不利になります。

ですが、半年でも前職で学んだことや身に付けたこと、目的を持つことが大切です。

今回は、そんな第二新卒がアピールできる職務経歴書の書き方を紹介していきます。

第二新卒からの転職するには

第二新卒は、就職したけど3年未満で辞めてしまった人のことです。

会社に勤めるのは、経験が長ければ、実績を作れるために有利になる可能性があります。

しかし、第二新卒の中でも半年以内で辞めてしまった場合、転職活動が難しいケースがあります。

実績がないまま、辞めてしまっているのでアピールポイントが少ないからです。

さらには、面接担当者には「次もまた同じように辞めるのでは」という懸念を持たれてしまいます。

だから、書類選考の書き方から見直すことが必要になります。

職務経歴書の書き方

職務経歴書は、あなたの経験や強みをアピールすることが重要です。

ポイントがありますので、紹介していきます。

前職の経験を書き出してみる

入社して半年で辞めていた落としても、新人研修や簡単な業務はやってきたはずです。

それだけでも、書き方ことによって経験を積んだと思ってもらえるようにしましょう。

例えば、研修で学んだビジネスマナーや礼儀・作法などの言葉遣いやけ敬語の使い分け、電話のでかたなどあるはずです。

これらのことも身に付けて、実行できたとなれば、僅か半年でも無駄ではないといえますよ。

さらには、実践してみて褒められたことや評価してもらえたことなどを書き出してみてください。

転職先では、研修を省いて業務ができることが多いので、コスト削減になります。

この他にも、業務が少しはできたはずなので、やったこと・失敗してから気を付けるようになったこと、身に付いたことなどアピールとして書くことができます。

意気込み・熱意を入れる

次の職場も探すに、何も考えずに受け続けると不採用になる可能性が高いです。

就職してから何をしていきたいか、将来どんなことをしていいきたいか目的を持つことが大切です。

目的があることで、熱意や意気込みが伝わりやすくなります。

前職の経験を踏まえて、何ができるのか書いていくことが重要です。

また、意気込みや熱意があれば、仕事を続けていく根性にもつながっていきます。

紹介したことをアピールのして書いていくことで、転職がうまくいきますよ。

sまとめ

  • 第二新卒でも半年くらいで辞めてしまえば、転職活動は不利になることは避けられない
  • 前職で行った研修や業務でやったこと、失敗から学んだことなど書く
  • 就職してから何をしたいか、将来はどうなっていきたいか目的も持つことで、熱意や意気込みを書く
  • 半年ながらの経験を活かしてアピールすることが大切

コメントを残す

*