第二新卒

第二新卒歓迎ってどういうこと?

あなたは、第二新卒を活かして転職活動していますか?

即戦力ではあるのですが、それだけは転職できないこともあります。

また「第二新卒歓迎」の求人は、ライバルも多くなります。

今回は、第二新卒のメリット・デメリットや「第二新卒」の求人について紹介していきます。

第二新卒は、幅広い言い方

第二新卒とは、一度は就職したけど3年未満で辞めてしまった、25~29歳のことを言います。

半年で辞めたも、2年半で辞めても第二新卒と言います。

つまり、半年で辞めてしまうと研修をやって、業務を少しずつ頃なので即戦力もほとんどなく、実績もアピールすることが少なくなります。

一方で2年半続けて辞めてしまうと、決して長く続けたとは言えないけど、常識やビジネスマナーが身に付いています。

さらには、任してもらえた仕事での実績や評価されたこともあると思います。

だから同じ第二新卒でも、半年と2年半では大きく違いがあるのです。

また、第二新卒は長く会社にいなかったことでよかったこともあります。

自分のやり方や固定概念が少なく、転職先でも職場の人になじめたり順応しやすいこともあるのです。

第二新卒は、仕事に対して向き合える意欲や熱意ができています。

だから採用しても、仕事をしっかりできるし若いので将来性も期待されることもあります。

一方で、「またすぐ辞めてしまうのでは」という懸念もあります。

転職したことが、スキルアップにつながって意味があったことなんだと分かったもらうことが必要になります。

でも、若さがあり即戦力として通用できる第二新卒は、転職に有利といえます。

いざ、転職活動していると求人には、「第二新卒歓迎」とと書かれています。

第二新卒歓迎とは

文字通り、第二新卒歓迎と歓迎されているので入りやすくなると言うことです。

しかし、ライバルも目当てに応募してくるために、転職するには源泉となってしまうのです。

その分転職できれば、待遇面や条件は良くなります。

希望通りの転職活動ができます。

ライバルよりも、自分が入ることでどんなことを活かすことができるのか、どのように貢献できるのかアピールして伝わることが面接を突破するカギです。

それと、辞めた理由がスキルアップや意味あることが重要です。

面接では、アピールできるように練習をして自信をつけることで、リラックスして面接に臨むことができますよ。

コメントを残す

*