未分類

第二新卒から海外の仕事もできる

第二新卒から海外の仕事はできる

第二新卒は、転職ができやすいです。

それは第二新卒ならではのメリットが多くあるからです。

まず、経験が浅いものの経験や実績を積んできたはずです。

だから、転職しても活かす仕事があるので企業側は欲しいといえます。

教えることが少なくなる分、時間やコストの削減にもなります。

さらには、経験が短いために教えたことに柔軟に対応できるところがあります。

何よりも、ビジネスマナーがあることで、仕事を任せやすく頼りにさせやすくなります。

だから転職が有利になります。

第二新卒が、転職する目的の多くはスキルアップだと思います。

自分のできる仕事を広げて、熱意ややる気があることで成長しようとします。

企業のためにも貢献することができます。

スキルアップしたい人の中には、海外に出て仕事の幅を広げたいと思う人も中にはいます。

海外に出るために必須条件となるのが、英語が喋れることです。

ペラペラまではいかなくても、仕事に支障がない日常会話くらいはできることが求められます。

最近では、グローバル化が進んでいることにより海外にも支店を持って仕事をしたり、外国人相手に仕事をすることも増えてきましたね。

海外の仕事

海外営業

海外に拠点を置く場合と、国内から電話やメールなどで営業することもあります。

外国人は、日本人と体格はもちろんのこと性格や考え方などを違ってくるために、どうやって話を切り出したらいいのか考えなければいけません。

特に電話やメールだと、相手の表情や態度がわかりにくいために言葉を選んで営業していくことが求められますね。

ITエンジニア

グローバル化が進んできたために、海外の企業からの依頼していく企業も増えてきました。

システムの構築や運用、開発をすることで日本のITを海外に発信することにつながります。

また、英語ができなくても教えてもらえながら仕事をすることができる企業もありますよ。

通訳

日本にも外国人が来日することが増えてきました。

その中で日本の魅力をしてもらうには、通訳して外国語で伝えることが必要になってきます。

日本で知ったことを持ち帰って、活かしてもらえることで日本の技術が海外に発信していくことにつながります。

このような仕事は、第二新卒にとっては有利といえます。

それは若さがあって、スキルアップにしたいと思うことに一致するから、海外の仕事にもできるといえます。

自分の成長のためには、日本の発展のためにも役立てられるのならしたいと思いませんか?

コメントを残す

*