第二新卒

第二新卒の転職活動はいつからがいい?

第二新卒は、経験者として判断されることで転職が有利となります。

まずは、社会人経験をしているのでビジネスマナーがあることです。

ビジネスマナーがあることで、仕事に対する向き合い方や取り組み方といったことができています。

さらには経験者であれば、教えるための時間やコストを削減することができてすぐに仕事をしたもらうことができます。

20代ということが企業にとっては都合がいいのです。

なぜなら、熱意ややる気といったことが伝わりやすいので、仕事覚えもよく分からないことがあっても解決して成長していくことができます。

ここまで紹介すれば、第二新卒は転職活動で逆転がないように感じてしまいますよね。

転職活動を慎重にするべき

第二新卒は、3年未満でやめてしまっているので企業によっては早く辞めたと受け止められてしまいます。

だから、「どうせすぐに辞めるのでは」と懸念がもたれてしまうのです。

あなたがそうでなくても、イメージがあるのです。

だからこそ、辞めたことの理由それから入ってからどんなことをしたいのか、どのようにやっていきたいのか明確にアピールすることが大切です。

つまり、転職したことがマイナスではなくプラスになるいい方をするべきです。

さらには、これまで経験や実績を「どうやって活かすことができて、企業のために役に立てるのか」アピールすることが転職するために大切なのです。

辞めた理由それから経験を活かすことを面接でアピールスすることで転職がうまくいくかな王政が高いのです。

面接によって合否が変わってくるのです。

なので、面接時間をある程度ないとアピールもできませんよね。

企業も、忙しい時期に応募があると面接になってもすぐに必要ないと思ったら切り上げられてしまうこともあります。

企業にとって忙しい時期は決算月です。

ほとんどの会社は3月になっています。

ですので1、2月は追い込んで仕事をしていて一年間通しても一番忙しいといえます。

1、2月は避けるべきといえます。

3月、10月が転職時期にいい

3月は決算の忙しい時期も終わりさらには4月には新入社員をいるので、採ってもらいやすいのです。

10月は人事異動が行われ、人員が足りない部署も出てきやすいのです。

だから転職するのはいつからがいいかといわれると3月と10月となります。

避けるべきは、1、2月ですね。

第二新卒はアピールすることで転職が成功します。

せっかくの経験や実績を無駄にしないように、いつからがいいのか分かったうえで動いていきましょう。

コメントを残す

*