第二新卒

一年未満で辞めた第二新卒は転職できる?

あなたは、一年未満で辞めてしまいましたか?

それだと、「また辞めるのでは」と思われて不利にはなります。

ですが、「若さ・熱意ややる気・身に付けたこと」をアピールすることで転職できる可能性はあります。

今回は、一年未満で辞めた現実を理解して、どのようにアピールすればいいのか紹介していきます。

一年未満で会社を辞めてしまった第二新卒

第二新卒とは、3年未満に会社を辞めてしまった25歳くらいまでのことを言います。

3年未満といっても、半年でも3年でも第二新卒といえます。

会社を早く辞めてしまうと、「また辞めるのでは」と思われてしまって採用に後ろ向きになってしまう企業も多いです。

他にも、教えるための時間はコストがかかってしまうことも理由の一つです。

辞めた人にも理由がたくさんあります。

仕事が合わなかった、人間関係が悪かった、上司からのパラハラがひどかったなどが考えられます。

ですが、辞めたことは一方的と思われてしまいます。

会社で都合が悪いことがあったら辞めると思われてしまうのです。

面接では、辞めた理由を聞かれるため、前向きになるような答え方をする必要があります。

会社が求めること

一年未満で辞めたとしても、アピールできることはあります。

上手くできるることで、転職することは可能ですよ。

若さ

まだ若さがあるので、やり直しがきく場合が多いです。

若さがあれば、未経験でも教えてもらいながら育ててもらえる企業も多いです。

不採用が続いても、くじけずに若いうちに転職活動すつことが重要です。

熱意・やる気

未経験でも、熱意ややる気があれば、教えてことにも素直に聞くことができて成長してもらえると思われやすいです。

それは、仕事で分からないことや疑問が出てきても、何とか解決しようとできるからです。

繰り返すごとに、自分自身を成長できて企業にも貢献できることになります。

身に付いたこと

一年未満で辞めていたとしても働いたことには変わりまありません。

例えば、前職で入社して研修を受けたこともありますよね。

挨拶の仕方、名刺を渡し方、電話の取り方など学んで、身に付いたは転職先でも活かすことができます。

前職の経験したことを、活かすことで会社を教えるところが減ります。

一年未満で辞めたら、3年続けた人よりかは即戦力で劣る部分があります。

ですが、紹介したようなことをアピールして、さらには前職を無駄にしないことで、一年未満で辞めた第二新卒でも転職できる可能性はありますよ。

コメントを残す

*