第二新卒

第二新卒はいつまでのことを言うのか?

あなたは、第二新卒はいつまでのことを言うか知っていますか?

理解できていないと失敗することもあります。

ですが、スキルアップできるように言えることで転職活動がうまくいきます。

今回は、第二新卒の意味やメリット・デメリットに迫っていきます。

第二新卒は、いつまでのことを言うの?

第二新卒とは、一度就職したけど3年未満で辞めてしまった、25~29歳までくらいの人を言います。

つまり、社会人経験を少しでも積んでいるということです。

これが既卒とは大きく違うところです。

既卒は、就職活動をしたけど失敗して、一度も働いたことがない人のことを言います。

では、第二新卒は転職ができるのでしょうか?

第二新卒は、転職に向いている

経験が浅くて不安な方は多いと思います。

ですが、第二新卒の転職理由の目的は、スキルアップをしたいことです。

会社は、未経験よりも経験者でさらには若ければ若いほどの人を採用します。

その両方を満たしているのが「第二新卒」なんです。

経験があれば、「教えなくてもできる」と思うのです。

なぜならば、教えるには時間と費用が掛かってしまうからです。

経験者だと、教える必要がなくてすぐに仕事ができる、だから第二新卒は転職に有利となります。

ですが、紹介したように仕事ができることが前提なので、何もできないと不利になることは考えられます。

さらに、第二新卒はビジネスマナーがあることが転職できる大きな理由です。

ビジネスマナーは、入社したら研修して仕事をしながら身に付けていくものです。

仕事をするうえでの姿勢ややる気、仕事に対する考え方を持っているからこそ、仕事を続けることができるのです。

転職も、スキルアップにつなげたいという大きな希望を持っていることが多いです。

だからこそ、第二新卒は経験者、ビジネスマナーがあることで転職に向いているといえるのです。

気を付けたいこと

第二新卒は、気を付けたいこともあるのです。

就職して3年未満に辞めてしまっていることです。

会社が、不採用にする一つに「すぐに辞めるんじゃないか」ということがあります。

せっかく採用したのに、すぐに辞められたら人件費がもったいないですからね。

そう思われないために、辞めた理由がはっきりしていることと、就職してスキルアップにつなげれるアピールをする必要があります。

就職してからどんな仕事に関わっていきたいのか、将来はどうなっていきたいかイメージしておきましょう。

第二新卒は3年未満と経験は浅いですが即戦力になり転職に向いていていえます。

しかし、目的も持っていないと失敗してしまうことも考えられますよ。

コメントを残す

*