第二新卒

第二新卒から営業職に就ける?

第二新卒は、メリットが多い

第二新卒は、転職できるメリットが多くあります。

経験は、3年未満と短いと思われてしまう企業もあります。

問題は、3年間の中で何を学んで、どんなことをしてか、そして功績を上げることができたかということが重要です。

経験があっても、特に実績がなければアピールできることは少ないので、転職できないことがあるんです・・・

また、社会人経験をしたことでビジネスマナーがついています。

挨拶の仕方や電話の取り方、名刺の渡し方などあなたも今では知らず知らずにできているのではないでしょうか?

入社当時は、できなかったりおぼつかなかったりして、上司や先輩もひやひやしたかもしれませんね。

ビジネスマナーが身に付いていることで、教えるための時間と費用を節約できますね。

さらに、経験が短いことで仕事のやり方や固定概念が少ないです。

だから、教えたことも素直に受け入れて、職場の人とうまくやれることで人間関係を崩さなくて済みます。

仕事は、人間関係が悪くなると連携が取れないことで、ミスにつながると思われてしまいます。

紹介したように、第二新卒は転職するためのメリットが多いのです。

営業職に就く人も多い

第二新卒の人の中には、営業職に就きたい人も多いです。

なぜなら、経験を積んできてできる仕事も増えてきて、自分で仕事を取ってくるともっと仕事が上手くできると考え始めるからです。

確かに、営業として仕事を取ってくることで、自分の思い通りに仕事ができる可能性が増えますよね。

営業の人が中間に入ることで、思い通りに仕事ができなかった人も多いのではないでしょうか?

営業職は、未経験からでも就職できる職業の一つです。

第二新卒であれば、紹介したようにビジネスマナーがあることで、クライアントの対応も熟知しているので転職しやすくかつ実力を発揮することができるのではないでしょうか?

営業職は、大きく分けて2種類に分かれます。

新規営業

恐らく新規営業で転職を考えている人も多いと思います。

新規営業は、初めてのお客様のところに出向き、自社の製品をアピール、交渉を重ねて仕事を採ってきます。

自ら仕事をもらえるので、やりがいや面白みはあるはずです。

また、これまでの経験で培った経験や技術も発揮することで、お客様にも商品が分かってもらやすいので契約もしてもらえやすくなりますね。

ルート営業

ルート営業は、これまで契約している企業様も訪問して、商品のトラブルや問題点はないかどうかする営業方法です。

クライアントを訪問することに、顔と名前を憶えてもらえて親密にもなります。

さらには、改善点を提案することで、企業の発展と自分の実績にもつながりますよね。

第二新卒は、営業職に転職しやすくこれまでの経験や実績を活かすことで、やりがいが人一倍感じられるはずです。

今、人材不足になっている職業なのであなたの力も営業職で活かしてみませんか?

コメントを残す

*